研修講師サービス

オーソドックスな研修のご紹介

研修はいくつかのパターンがあります。

・管理職向け研修
・一般職向け研修
・経営者層向け研修
・新任マネージャー向け研修
・新入社員向け研修

弊社に一番ご要望が多い「管理職向け研修」セミナーの流れをご紹介します。

研修セミナーの例

私どもではお客様のご要望、状況に応じて、オーダーメイドされたセミナーを作成します。以下はその一例です。

セミナー例:タイトル「管理職が知っておくべきメンタルヘルス対策」
1. その時あなたはどのような対応をしますか?
「ラインによるケア」を行うためには、お互いのコミュニケーションが良好なものになっていなければいけません。そのためには、まず自らのコミュニケーションタイプを知っておくと便利です。ワークを行い、普段の自分のタイプを見ていきます。

2. これってパワハラ?それとも注意?
平成24年1月に厚生労働省よりト(パワハラ)の定義と行為類型が発表されました。昨今、企業の問題となっているパワハラ。さて、一体どういった行為がパワハラになり、注意になっていくのでしょうか。事例に沿って考えていきます。

3. 精神障害の労災認定について
平成23年12月に「精神障害の労災認定基準」が策定されました。これはうつ病などの心の病の原因が、業務上であるか否かの判断を行うものですが、数次の改訂を経て非常に具体的なものとなりました。この中には「パワハラ行為が労災になる」といった事項もあり、企業としてどのように対応していくべきか、労災認定基準の解説とあわせてお伝えします。

4. 部下と自らの心の健康管理
「ラインによるケア」の重要性は前段でお伝えするところですが、企業現場においてはなかなか進んでいないのが現状です。いわく「部下のことを見る余裕がない」「普段の部下が分からない」。これは管理職が職務を果たしていないという単純なものではなく「職務を果たせない状況にある」ということに気付かなければいけません。では一体どうすればいいのか、最後にまとめとしてお伝えをします。

特徴1 短時間で必要な情報を伝えます!
「企業内研修を行う場合、どれぐらいの時間が必要ですか?」と、ほとんどの企業様からお尋ねされます。「時間が許せば、1日でも、半日でも、何時間でも。」とお答しますが、やはり、どこの企業様もご多用です。

お勧めの時間は2時間。しかし、それでも長いとお感じになる場合は1時間半(90分)をお勧めしています。

それでもやはり長いとお考えになる場合は大切なことを、ぎゅっと詰め込んでなおかつ、参加者にも考える時間をお渡しして、講義だけでなく、自ら考えて当事者意識を持って頂くために60分のお時間は頂きたいとお伝えしています。

特徴2 多くのワークと事例を紹介!
これは参加された皆様に「ああ、なるほどね!そう考えればいいのか」「あるある・・そういうこと。他社でも同じだな。はて、そんな解決方法があったのか!」と、納得し、自ら考えて頂く時間をご提供するためです。

カウンセリングでもそうですが、実は答えはすでに自分の心の中にあります。

どうすれば良いか、最善の方法を知っているのは自分なのです。企業も同じです。答えはすでに、その職場の中にあります。

私どもはそれをセミナーという形を通してほんの少しの情報をご提供して、皆様に考えて頂く、その機会を提供しているに過ぎません。

そして、そこでお互いが学び、その思いを交換し、前に進んでいこうとする場を提供できたらいいな・・と思っているのです。

セミナーこぼれ話

あるセミナーでのことです。

その日のワークで「かけがえのない人を思い浮かべて、その方がうつ病だと知ったらあなたがどういった行動にでますか?」とお尋ねしたことがあります。

ある方は、直属の部下を思い浮かべ「真面目な奴なんです。でも臆病なところもあるから、一人で病院なんか行けないと思うんです。だから俺が一緒に行くって言おうと思います。」とおっしゃって下さいました。

ある方は、たった一人の娘さんを思い浮かべ「お前はお父さんの宝物だから、何があってもお前を助けてやる。一緒に病院に行こう。辛いことがあっても家族で乗り越えていこうな、って言ってやります」とおっしゃって下さいました。

効果的な音楽、映像、あえて感動を引き込むような演出をしたわけではありません。

ただ、紙と鉛筆。そして無機質なセミナールームと普段肩を並べている同僚たちがそこにいます。でも、「かけがえのない人」というキーワードで、皆様は本当に一生懸命になって考えて下さいます。

こういった意見を伺う時、セミナー講師の中辻は「目頭が熱くなる」そうです。それは、参加者の真摯な態度もそうですがそれぞれの「人を想う気持ち」に、それぞれが感化されるのだと思う、

そしてそれが講師にも伝わってくるような気がするんだ・・と、中辻は言います。

もしご興味があったらぜひ一度お問い合わせください。セミナーをきっかけに、職場の悩みを見つけ、問題解決へとつながる第一歩を踏み出していただけたらこれほど幸いなことはありません。

サービス料金

1時間105,000円(以降30分毎に52,500円)です。お客様のご要望に応じ、オリジナルの構想を組み立て研修を行います。